Blog

2024年01月22日

大規模建築物件において、木造建築でなぜコストダウンにつながるのか~鉄骨RCと比較してコストダウンできる理由~

画像
皆様、こんにちは。
大規模木造建築「ウッドビスタ」担当の平澤です。
第一回の今回は、弊社「ウッドビスタ」もそうなのですが、大規模建築においても木造造が鉄骨・RCと比較してコストが安く建築可能である理由をお伝えさせて頂きます。

その理由は3点ございます。

①材料費が安く抑えられる
一般的に、コストを抑えるためにはまず資材を安くすることが最重要です。
資材を安くするためには、より世間に流通している一般的なものを活用することが最重要です。流通量から考えると、特殊な建築資材を使うより、「住宅用の一般流通材」を活用することが鍵となります。
もしかしたら、大規模木造において、鉄骨造やRCよりも木造の方がコストが高いという印象がある方もいらっしゃるかと思います。
それは、木造で大規模建築を実現するとために特殊な資材を活用した結果かも知れません。
実際は、きちんと建築を進めれば、木造こそが最も安く建築する方法です。
一般流通材であるプレカットを使い、規格寸法のある既成サッシを活用するなど、ほとんどの部材で木造の方が安くなります。

②基礎工事費が安くなる
木造建築は、基礎断面寸法が鉄骨RCと比べて小さくなります。
これによって、基礎工事の材料費、施工費が大幅に抑えられます。
また、鉄骨RCに比べて建物荷重が軽くなるため、地盤改良工事費用が安く抑えられる点も大きな特徴です。
新潟県など、地盤がゆるく地盤改良工事費が高額になりがちな地域では、圧倒的な優位点となります。

③工期短縮によるコストダウン
鉄骨造の場合、材料は設計に合わせた受注生産となるため、納品まで数か月の工期が掛かります。
その点、木造の場合、住宅向けの在来仕口用、在来金物用と一般化しており規格通りであればプレカット対応が可能なため工期の大幅短縮が可能です。
工期が短くなることにより現場管理費用、仮設費用、人工代が大幅に削減されます。
以上が、大規模建築においても木造造が鉄骨・RCと比較してコストが安く建築可能である理由です。

是非、ご検討されてはいかがでしょうか。
具体的な見積りや図面提案については、是非お気軽に当社にご連絡ください。

大規模木造建築
ウッドビスタ
担当 平澤夢厳
お電話
見積り
相談会
カタログ